じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

無邪気に嫌なことされたり言われたとき、

 

どんな顔したらいいの?

何て言ったらいいの?

 

 

例え薄い関係性でもつまらないことで場をしぼませたくないし、なるたけ許したいし、好きでいたいし、できるならそんな有り体も愛してあげたい。

 

でもそこから説明することはしない。勝手に我慢したのはわたしだし、『それでも流石にこれは嫌』っていうのも悪気の無い相手にとったら理解できっこない。

 

わたしがそれでも言葉にするときは人格が崩壊するくらい不快な時で、それはその時点でかなり蓄積されています。もう1mmも我慢できないくらいあなたは下品で失礼なことをしていますよ、正直二度と会いたくないです、という意味と同意です。

 

じゅんこは味方だと思ったのに!

 

じゅんこがいきなりキレた!

 

意味が分からない!

 

じゅんこがなに考えてるか分からない!

   

 

 

そんなことが遥か昔にあった事を思い出しました。

 

じゅんこは我慢しすぎだ

思ったことをそのまま言うことを絶対しない

どんな悩みも自分の中で答えを見つけてからしか言わない

もっと出さなきゃだめだじゅんこに頼ってばっかりじゃなくてわたしもじゅんこみたいに頼られたい

信用されてない信じてほしい

 

・・・いやいや、なんでその矛先が自分にだけは向かないって確信してるんだろう。

 

信じろ信じろうるさいから話をしたら案の定くちほどにもなく何一つ受け取れない。

だから距離が必要なのになんでズカズカ入ってくるんだろう。あなたがわたしを理解できてないことを理解して欲しかったなあ、あの時。

 

 

高貴な人は嫌な時も嫌な顔をしません。それはニルアドミナリといって身嗜みと礼儀だからです。そしてそれは度重なる訓練を経て身につけるものです。

 

そんなことも知らないのが当たり前の世の中なんです。

 

わたしは顔に出さない訓練を散々したにもかかわらず、わざと顔に出す訓練をしました。活動する地域と存在する経済圏をわたしが間違えたせいか、理解してくれる人間とあまり出会えなかったからです。

 

だからいつもは何かあるとわざと嫌な顔を作っています。それをせねばならないことに今でもドキドキします。

 

でもその時の顔はたぶんブスです。嫌な思いをさせられた上にブスな顔も見せねばならないことはわたしにとって何重にも苦痛です。

 

ダメな人とはとっとと縁を切れば良い?うまくできなくてブロックした人はいるけど、ちっともスッキリしない。今はうまくいかない時は少し時間を貰うようにしています。

理解してもらえてると思ってたけどバカにされてただけだった。相手の弱さが分かっていたから気を使ってでもお金を使ってでも大事にしたいと思ってしまった。体を壊したことより心を壊したことより一番大切にしたい人や物を悪し様に言われて生きる意味を見失ってしまったことが悲しくて悔しい。

もう二度と信頼できない人間に心を開いたりしない。

 

 

ファイナンシャルプランナーにパートナーシップを指摘されて頑張ってきた主人との関係が振り出しに戻ったことを再確認させられた。そのせいでぶり返している。

 

 

最近、脇の下から胸にかけて痛い。咳も続いている。先の自己啓発でお金が底をつき信頼も失い息子の進路もきちんと面倒が見られず悪い病気にでもならないともう家族に大切に扱ってもらえないのではないか、と思っている。

 

カードの引き落としに1万足りなかった。それだけで今日は心の糸が切れてしまった。昼ずっと寝ていた。離婚する夢を見た。

 

 

陽が暮れてからやっと子どものバギーと三輪車を売りに行ったら350円にしかならなくて、まだ綺麗なのにそれでも売ってしまって雨の降る車の中で泣いた。

 

 

頭の中のモヤモヤをノートに書いたら、今まで我慢してきたことが沢山出てきた。わたしの知らない不都合なわたしがいた。我慢することでしか誉めてもらう方法を知らないで来た。それが一番楽だった。幼少の頃からそうやって幸せになることを放棄して来た結果の今だ。

 

 

いつだって扉はあった

味方もいた

お金もあった

時間もあった

 

たぶんそれは今も変わらない

でも『ない』と言ってきた。

いじめられたくない、叱られたくない。

 

 

わたしがニコニコキラキラしてるから目をつけられる。ただ生きてるだけで必ず誰かの気に障る。生きてることを許されたい。

一方で頑張っても頑張っても誉めてもらえない。楽しくない、嬉しくない。頑張りを分かってもらえない。目の前の些細なごみを拾って不幸に不幸になろうとする。

 

 

こんなはずじゃなかった、とは1mmも思っていない。分かっていたのに軌道修正出来なかった。それでまた自分を責めている。それが一番楽だからだ。

 

笑っていたい。誰の許可も取らずに笑っていたい。いつでも幸せを感じていたい。誰の許可も取らずに感じていたい。邪魔してくる人を排除したい。後ろめたさを感じずに排除したい。

 

そんな当たり前のことができない自分を可哀想に思う。でもそれが良いところなんですよ、とわたししか知らない。

なりたかったもの

子どもの時になりたかったものって、諦めてるだけで本当は今もなりたいものですね。

   

 

子どもの頃、ディズニーの眠れぬ森の美女を絵本で見ました。

 

生まれて初めて知ったきらびやかな存在に憧れが止まらなかったのをこの間ふと、思い出しました。

 

幼い日、なぜかわたしの実家はお城ではなく狭い平屋で家族の鼻も低かったのです。でもそんなことは1mmもわたしに関係ありませんでした笑。わたしがおかしいのではなく世界が間違ってしまったのだ、確信していました。

 

『あなたたち(世界)が間違っていることが(神に)正されない訳がない。あなたたちが力及ばないならわたしがなんとしても正さねばならない』

 

と本気で思っていました。

 

その頃、ハウス食品アニメシリーズといって海外の児童文学をTVアニメで放映していて【小公女セーラ】に新たな衝撃を受けました。

 

セーラがわたしの中で特別なのは、元々富も気品も兼ね揃えた少女であったセーラが不運から没落し、これでもかといじめられながら最後には返り咲き、のみならず敵は失脚するという

 

《勧善懲悪サクセスストーリ》

 

だからです。

 

『苦しみながらも美しくあろうとする』姿に感銘したわたしは自分がお城に住んでいない理由をそこに垣間見たわけです(たぶん違うけど笑)。

 

その後も普通の家庭に育ちながら高貴な世界への憧れは尽きることなく、当時やっと美食ブームにより浸透し始めたテーブルマナーや立ち居振舞いなど独学し続け、

 

『家が貧しくても良い殿方と出会いさえすればいい。机に座った勉強が苦手でも人を見る目や礼儀作法、好かれるテクニックがあれば確実に生きていける』

 

という自負がありました。

 

←ここまでが5年生。

 

今思うと中々面白い子供でしたね。

 

そのまま大きくなることができず挫けて忘れてしまったけど、振り返って自分を掘り起こしてみたらこんなに面白い願望が出てきました。

 

これに気付いたら、背骨を曲げずに1食きちんと食べ終える訓練や美しい所作を研究するためいくつもの姿見を備え付けて暮らしたあの頃の生活がとても懐かしく思えて来たのです。

 

義務だと息苦しくて仕方ないけれどお遊びと思うと普段使わない脳を物凄く使うので楽しく壮快なのです。

 

それから食事の作法は食欲(本能)を作法(理性)で処理していくので忍耐力が付きます。これはただの我慢強さではなく

 

言ってはいけない言葉を言わない」

 

「伝え方を選べる」

 

「一歩引いて相手の気持ちを考えられる」

 

という力になります。

 

作法なんて気にしない方も世の中にはいますがどこの国にも貴族の社会には昔からあったものだと思います。目上の方を思いやる他所『様』(よそさま)の国、日本が立場に関わらず大切にして来た美しいスピリットなのではないかしら。

 

不安や忙しさや上手くいかないあんなこんなに負けて、すっかり泥まみれになっていたけれどリプレイしちゃダメなんて法律ないものね。

 

気持ちを新たにサクセスしていきたい✨😃

   

 

あなたのなりたかったものはなあに?

これからの世界

とってもショッキングな話。

 

災害現場でレイプする人がいるらしいです。

 

被害者は何重にも苦しむことでしょう。

 

もしかしたら加害者も

家族を失ったかも知れません

全財産を失ったかも知れません

職場や居場所を失ったかも知れません

 

だからといって良心まで失ってしまって良いのでしょうか。

それも全部災害のせいでしょうか。

 

あまりにショッキングな場面を見ると人肌が欲しくなると聞いたこともありますが

 

奪われた悲しみが分かるなら、もう奪わないであげてください。と思います。

 

 

これから、また未曾有の災害や飢饉がいつあるか知れません。その時、私たちはいつまで正気を保てるのか。人と助け合わねばならないことを知りつつも、【人に優しくしていては生き残れない恐怖】といつまで同化せずにいられるのか。

 

これからの世界に求められるのは知識や学歴以上にそういった強靭さなのかも知れません。

 

被災経験が無い私には想像も付きません。

いつまでも覚めない夢のような日常にさらされながらいかに全体を考え行動できるか、身勝手な人ばかりのコミュニティーでいかに秩序を作っていくか。

 

美しい服も家もない

飾るものも隠すものも尽きた時

 

初めて本物が分かります。

 

負けている暇があったら負けるのです。

 

強く賢くいたい

明るく美しくいたい

弱くとも純粋でありたい

 

その人なりの目指す命が必ずあります。

 

 

体幹を鍛えるように心の軸を鍛えねばなりません。いつも動じない貴族のように気高くあるように。

 

そう、これからの世界に持っていける財産は外身でなくて中身、そんな風に感じませんか?

 

 

内なる貴族を呼び覚ます、そんな集まりをしていきます。

公開当時のキャッチコピー

【公開当時のキャッチコピー】

 

教えてもらってないことをなぜできないのかといつも叱られてたわたしが悪いと言い聞かせられた知らないことはできないし分からないことを確かめる言語も知らなかったでも自分が悪くないことを知っていたから謝らなかった頑張る理由も分からなかったし死ぬということを知らなかったから要らなければそう言ってくれたらいいと思った態度が気に入らないと怒鳴られた殴られた蹴られたやめてもらうための言語を知らなかったおもらしをよくした夜中家出をした子どもの癖に子どもが嫌いだった集団行動が苦手だった幼稚園では茶道の授業で行儀よくすることが好きだった家の食事はあまり食べられないくらい不味かった世の中には自分で死ぬ人がいると聞いて初めて世界に色が見えた気がした翌日の校庭は虹色に見えた死ぬやり方をどうしても知りたかったのに聞くとなぜか怒って教えてくれなかっただから母が大嫌いになった死ぬほどバレエが習いたかったのにやらせてもらえなかった死ぬほどピアノが習いたかったのにやらせてもらえなかった

友達に習ったらじゅんちゃんなんで弾けるのと言われた

 

そしてなんだかまだ生きている。わたしと同じ顔をしたあの頃と同じ5歳の娘がリビングでトトロを見て笑っている。忘れ物を届けてくれてくれたのかなありがとう。

1 洗脳とマインドコントロール③

※わたしの生き方や考え方について質問を受けたのでしばらくコラムを書こうと思います。

 

 

 

相手が望んでいないものを押し付けることは広義での暴力にあたるとわたしは考えています。

 

 

『あなたのため』

 

『あなたに必要だから』

 

『みんなこうしてる』

 

『悪いようにはしない』

 

『信じてくれないのか』

 

 

 

それ、誰が決めるのでしょうか?

 

これらの言葉を聞いたことは誰しもあるように思いますが、わたし自身思い返してみると【自分より下だ】と思われた時に言われて来た気がします。発信者にどんな善意があろうとも信頼関係に依存した稚拙な理論です。

 

偏屈だと思われるでしょうがわたしはこれらの発言に対し必要以上に激しい嫌悪を覚えてしまいます。

 

決めるのはわたしだ、と。

 

 

 

その感覚を分からない人達が一定数いることも知っていますし、結果(望んで無いものを受け入れたことによる喪失感)を知りながらも相手を立てあえて従うこともあります。

 

 

しかしながら、こういった方々は望んだ結果(つまり自分への承認)が得られないと反省どころか往々にしてこちらに非を求めます。目に見える「実績」「経験」「金銭」を与えようとしてくださる方もいるし、大抵はそうなのですがわたしにとっては何物よりも『自主性』『自尊心』が重要なのです。それは激しく傷付きます。誤解を恐れずに言うならばとてもレイプに似ています。同意の上、得しているのだから良い話だろう、そんなになる前に嫌と言えただろう、逃げられただろう、近づいた自分が悪いんじゃないのか・・・

 

『お前(わたし)ごときのくだらない自尊心よりも有意義な物があるだろうに。』

※心の声、ダダ漏れ

 

それ、誰が決めるのでしょう?

 

エネルギーヴァンパイア、と呼ぶのは失礼でしょうけどわたしから見たらそうなることが多いのです。そしてそれを上手く説明もできなければ理解していただくこともできません。

 

 

気付いたら早いうちに切るしかありませんがそれすらわたしにとっては物凄くエネルギーがいる辛いことです。ご縁を大切にしたい、喜ばせたい、お役に立ちたい・・・を捨てるわけですから。でも裏を返せばそれは私自身の承認欲求なんですね。だから返り討ちに合うのかも知れません。

 

 

 

けれども怖いのはそういった方々の環境に身を置くことで知らず知らず欲求(価値観)が変化してしまうことです。

 

 

・今まで苦手だったことが我慢できてしまう

 

・今まで許せていたことが許せなくなる

 

・自分の価値が分からなくなる

 

・より良くなるよりも「認められたい、怒られたくない」感覚に支配される

 

 

 

今までそんな経験を沢山してきました。

 

どう生きるかを語る上では環境が全てと言っても過言ではありません。

 

そして、自分でそれを取捨、創造できない限り羽ばたくことはできないことも学びました。

 

 

心理学の書物に出てきたのですが、象は2tほどの力を持っており本気を出したら街一つくらい簡単に破壊できるそうです。ですが調教された象はそのことを自分で知らずに細い鎖と簡単な杭で繋がれているそうです。これは有名なノミの実験とも似ていますね(蓋された高さまでしか飛べなくなる)。

 

 

切ることの出来ない間柄でも距離を置くことはできます。自分の力で足りないときは失敗を恐れず助けを求めるべきです(かく言うわたしはとても苦手ですが)。

 

つい日常に溺れ無理無理と言ってしまいがちですが見下されていると感じていながらそう言っているうちは奴隷と同じです。わたしたちはサーカスの象でも家畜でもないのです。

 

 

 

ある程度の支配を経験することも学びかも知れませんが世間のニュースを見ていると社会全体もとても歪んだバランスに感じます。

 

 

べき

ねば

 

 

を捨てることと、より美しい規律の創造は同時にできるような気がしています。

一般的な考えではなくて自分の気持ちで判断すること。そしてそれを尊重しあい支えること、もしくは離れること。我慢や努力は必要かも知れませんがそれだけが頼りの関係性なら脆弱と言わざるを得ません。

 

そんな風に感じます。

わたしは人一倍怖がりだけどそれが反って相手を不快にさせることがある様です。わたしが生きやすい世の中はきっとみんなも生きやすい。常識やマナーだけでなく気持ちに素直な大人になりたい。いつになっても練習です。

 

 

 

微笑合掌

1 洗脳とマインドコントロール②

※わたしの生き方や考え方について質問を受けたのでしばらくコラムを書こうと思います。

 

 

 

つづきです。

 

 

人間の脳は3層構造になっていて内側から

 

・爬虫類

 

・哺乳類

 

・人間

 

 

の順番になっていると聞いたことはありますか?

 

 

わたしも直接脳を見たことはないけれど、子どもを3人育てて来てものすごくこの理論が腑に落ちました。

 

 

新生児から2才くらいまでが

 

・爬虫類的な欲求

 

(体温調節ができない、食べたい、寝たい、不安や危険を回避したい)

 

 

2才くらい~12才くらいまでが

 

・哺乳類的な欲求

 

(爬虫類的な欲求に加え遊びたい、注目されたい、優位に立ちたい、所属したい)

 

 

思春期が移行期になり

大きく個人差があるものの40才くらいまでには

 

・人間的欲求

(他二つに加え注目や評価を伴わない貢献への意欲、目的意識)

 

 

が芽生えるのではないか、と感じています。

 

 

 

 

もし、この理論が誤っていないなら英才教育のタイミングや内容は吟味すべきかも知れませんね。

 

 

子どもを動物に例えるのは不謹慎かも知れませんが、動物番組にみる飼育員から子育てのヒントが得られるとわたしは思っています。

 

 

彼らは発育に連れて餌を変えることだけとっても形状やタイミングを観察しながら試行錯誤して興味を引き出しますし、親のいない動物を保護して野生に帰れるよう段階を踏んで促します。

 

 

動物たち自身にとっては必要を感じていない変化であっても生体を熟知した専門家が『より良く生きるため』にと献身的に教育していきます。

 

 

パブロフの犬、という有名な実験があります。

犬に餌を与える際、必ずベルを鳴らしてから与えるように繰り返すうち、ベルの音を聞いただけで犬がヨダレを出すようになった、というものです。これを条件反射といいます。

 

 

 

誰かが意図した行為により対象の行動をリードする場面は人間にもあります。

そしてリードが完了してもなお、対象者はその意図に気が付かないことが多く感じます。自分が受けた教育、価値観や欲求の植え付けについて『本当のところ目的は何だったのだろうか』という問いを持てると世界が違ったものに見えるかも知れません。そのことにより他者への不信感が芽生える場合もありますが無駄に傷付かず、また人に優しく接することができるようになるのではとわたしは思っています。

 

 

 

前述の飼育員ですが、成育のため餌や行動(例えばヒナを飛べるように促す)など個体に新たな欲求を植え付ける仕事がドラマチックでわたしには魅力的に映ります。

 

ですが、使っているテクニックはコントロールにあたります。これを素人がやったらどうなるでしょうか?

 

もちろんプロでさえ未知な個体もありますから慎重であっても失敗はあるでしょう。でも最終的にどこへ導きたいのか、どこへ導ける個体なのかを判断せずやみくもにコントロールすることは危険行為であると分かりますよね。

 

 

しかしながら子育てではそうであることが往々にしてあります。

 

 

欲求に関して言えば、わたしは子育てのプロではありませんし(そんなものはいないと信じています)飼育員もしたことがありません。のみならず目まぐるしく変わる社会環境に自分自身がついて行かれていません。

 

正直、一緒に泳ぐのが精一杯です。

 

 

だから、というと甘えになりそうですが家庭において子ども達の将来を『明言する』ことは避け、考え方を伝えて行きたいと思っています。わたしの発する言葉や行動がコントロールになってしまう責任感は感じつつ、わたし自身の課題でもある

 

自分で答えを導きだせる人

 

になって欲しいなと願っています。

 

 

 

微笑合掌