じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

自己紹介

わたしね、

母が忙しい人だったから

裁縫も

テーブルマナーも

お料理も

近所のおばちゃんたちに教わったの

母にフラストレーションを感じた時期もあったけど

逆にわたしが『わたしの憧れるお母さんになる』って幼い頃に決めたの

だから、生活に役立ちそうもない勉強は一切しなかった

教科書じゃなくてマナーブックや国語辞典や文学を読んだ

服飾の学校を出た次は商業系の短大で秘書や経営や金融を学んだ

バイト代でバレエを習って体作りを学んだ

広告の仕事に就いて世の中を学んだ

 

お母さんになった

 

でも同じ価値観の人と一緒になるのを忘れてた

 

だから不安で

 

いろんな事に手を出した

 

その姿はたぶん滑稽なんだと思う

 

でも根本は何にも変わっていなくて

 

働きたくない

人と関わりたくない

物が少なくてもいいから静かに暮らしたい

 

絶対に

 

近所の面白いおばちゃん

 

になりたい

 

面白いっていうのはひょうきんではなくて

 

 

なんでも知ってる

なんでもできる

清潔なのに

テキトーで

物怖じしないし

年齢不詳

いろんなことがとにかく謎

 

 

魔女のようなそれになりたい


f:id:jawjawjezebel:20180218004401j:image

※ヘアケアについて書くため自撮り。

そして主人はとても素敵な人です。あしからず笑。

やりたい《こと》の嘘

やりたいことをやる

の結果はどこなのか

 

 

スタートは

憧れ

使命感

好奇心

不安

劣等感

 

とかいろいろあるけど やりたかったことがやれたんならそこで満足+完了。

 

でもなんかさ、

「やりたいことやった《はず》なのに○○じゃない自分(現実)。」

 

って落ちる⤵⤵ときない?

 

 

 

「憧れてバンド組んだけど楽しくない」

 

「仕事バリバリしてお金もらいたかったから頑張ったけど思ったほど嬉しくない」

 

「やっと好きな人と付き合ってみたけどなんか違う」

 

「書いた絵を見てもらいたくて展示した。誉められたけど嬉しくない」

 

「先生に憧れて念願のお教室に通ってるけど逆に元気なくなる」

 

「美味しいもの食べたくて高い店行ったけど帰り不機嫌」

 

 

それって

 

やりたい《こと》(経験)

じゃなくて

ほしい《もの》(結果)

だったってことだよね。

 

ほしい《もの》を得るためにやらなきゃいけない《こと》をやってみて、もしその《こと》が外れだったら淡々と違う《こと》を試すしかない。

 

なのに

 

「《はず》」(違和感)

 

がでてくる。

なんでだろう?

を、わたしなりに考えてみたよ。

 

 

 もしかしたらそゆときは

 

①《こと》と《もの》が混ざっちゃってる 

 

ほんとは結果が欲しいのに頭の中で整理、言語化してないから自覚できていない。

 

例:本当はバンドがやりたいんじゃなくてキャーキャー言われたい、キャーキャー言われるならぶっちゃけバンドじゃなくてもいい。

 

 

②《こと》=《もの》になってる。

 

これさえやれば○○になれる❗と思い込んでいた(信じきっていた)。

 

 

例:ドラマで見た金持ちはカッコよいし毎日楽しそうだった。カッコよさや毎日楽しい、は金の力じゃない部分も多いなんて想像つかなかったからお金稼ぐことだけに力注いじゃう。

 

 

③自分が条件を満たしていない

 

ほしい《もの》に対してやる《こと》方向性は合ってるのにそこに向ける気持ちや回数が足りない。

 

 

例:先生みたいに素敵なるには魔法なんか無くてそれなりに工夫がいる。先生のマインドや見えない所でやっていることを同じレベルでできないと近づけないし先生自身も日々努力してるって気付けない。

 

 

④自分のせい

 

ほしい《もの》がマインドで、それが分かったら(気持ちの切り替え、コツはいるけど)理論的には2秒で手に入るのに《こと》や他人が何とかしてくれる、何とかしてくれないと困ると言う甘えとおごり。

 

 

例:嬉しい、楽しい気持ちになりたい(つか、してほしい)から美味しいもの食べるけどハナっから「元気になるぞ!」より「満足さしてみなさいよ」って態度。そもそも自分が【確実】にテンション上がるものを自分で分かってないし、機嫌悪くなる時点で依存度が高い。メニュー中々決まらない時も思考はこれ。 

 

 

 

総じて

 

 

《はず》

 

 

が口をついて出るとき

思考が胆略的過ぎる。

そんなすぐに無理よ、って納得できない。せっかちで焦っているからのんびり変わっていきたい《体》を許せない。

 

やりたい《こと》がほんとなら結果はいらない。

後悔したときは《もの》が欲しかったとき。それだけを無条件にプロセス無しで欲しがることに恥じらいがあるから嘘になる。

 

キャーキャーいわれたい

 

カッコよく楽しくなりたい

 

愛し愛されたい

 

ダメ出しがされたい

 

楽して素敵になりたい

 

 

 

いーじゃんそれで。

それが手に入るまで試行錯誤しよう🎵諦めなければ見つかるよね😃きっと

 

手に入れ方も自由だしね。

まずは口に出して言ってみよう。

 

 

わたしは・・・

 

 

 


f:id:jawjawjezebel:20180207112341j:image

【夢をみている】

※【】このかっこがあるときは詩です。

 

 

ひとつひとつ

 

積み重ねて

 

ひとつひとつ

 

手放していく ゲーム

 

 

 

少しでも早く遠くに行くために必要だったもの

 

より大人になるために必要だったもの

 

誰よりも可愛くなるために必要だったもの

 

あの人のオンリーワンになるために必要だったもの

 

 

 

その時その時のスペシャ

 

 

でも、今はもう その時と違う。

 

ステージが変われば

必要なアイテムも変わる

 

必要以上に持ってたら

新しいアイテムは持てないんだ

 

 

苦労して買ったもの

泣きながら奪ったもの

頭を下げて戴いたもの

 

 

簡単に手放せてたまるか。

 

 

でもね、それを使って今ここに立っていることが全ての証明でかつての目的だったのよ、たぶん。

 

 

『大丈夫』って何回自分に言ったらいいんだろう

 

ドキドキしながら

後ろ髪ひかれながら

 

ありがとう、する。

 

 

自責の念が枯れたころ

向こうからまた

違うのがやってくる。

 

 

 

いつだって、そう。

 

 

 

30手前で感じる違和感

40手前で感じる折り返し

 

さあ、ようこそ積み減らす時間。

 

無から生まれて

無に還る

 

使えるものはチャッチャッと使って最後の持ち物は少ない方がいい。

 

 

そんな夢をみている。

 

 

 

 

 

微笑合掌

 


f:id:jawjawjezebel:20180205035640j:image

わたしだってイチローみたいになるんじゃい⁉

痩せます とか

ブログで書きます とか

 

 

なんでも宣言するとやれなくなっちゃう「ダメなわたし」ごっこの話。

 

 

 

わたしは不言実行(そーっと内緒で勝手にやる)の方が上手く行くことが多いんだけど、

 

有言実行(言ったことをちゃんとやる)の方がメンタル的には自信に繋がるらしいのね。

 

ただ、頑張れないと逆効果だからハードル低いことから(一人の時でも「これから水飲みます!」とか)やると良いらしいの。

 

※これ何年か前にスベらない話で次課長の河本さんが言ってたけどイチローもやってるらしいよ。日々の繰り返しで「言ったこと(やりたいと思ったこと)は必ずできる自分」を刷り込むらしい。

 

 

良くないんだけどわたし、たまにカッコつけて「やります」「したいです」とか嘘ついちゃうわけ。ほんとはやりたくないと思ってることのためになんか本気で頑張れるわけないし、頑張っても1㎜も楽しくないし嬉しくない。始めから分かってるけど言った手前引けなくって、振り返ってみるとやりたくないこと結構やらかしてるんだわ。

 

これ普通にやる仕事の何倍もエネルギー使うのよね。

※当社比

 

 

最近も色々あっていつも以上に、《ゲスでもいいから本音言う大切さ》を身に染みて感じてる。

 

エネルギーないと八つ当たりや落ち込みで周りに迷惑かけるしそれでまたひねくれていく悪循環。

 

 

 

 

大人になるために必死に習得してきたけれど

やっぱり嘘だけは下手くそな方がいいね。

 

 

 

頭よく思われたい

役に立つと思われたい

必要とされたい

評価されたい

愛されたい

 

 

 

 

 

 

 

されねーーよ!

 

 

そんでも構わないやって生きることが「その人らしさ」かもね的な事を他所のブログで読んだら腑に落ちてさ。確かに執着してるうちは「いいやつ」来ないよね。

 

※○○って思われたい❗、は潜在的に【そうじゃない自分】を自分に刷り込んじゃうらしいぜ

 

 

PTAで会長やってると(やってるの)いろんなやっかいごとが耳に入って。じゅんこなんでも真摯に受け止めて対処してるつもりだけど、結果出せても出せなくても

 

一定数には評価されて

一定数には嫌われる

 

って分かっちゃった。

 

 

わたしには「あれがないから」「これがあるから」・・・って人と比べて云々言うのはあんま意味無くて、

 

結局

『どんな自分で好かれたいかな?

 

が答えな気がしちゃった。みんなはどう思うかしら?

 

 

《作り込んだ必死の自分》を愛されてると思ってたらいつまでも気が抜けないし《素》を愛されたかったら、まず《素》を見せないと。

 

 

 

 

 

やだそれわたし一番怖えーわwwww 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず今日は水を飲みます。

 

 

 

微笑合掌

 

 
f:id:jawjawjezebel:20180205033224j:image

 

 

あんま言ってないけど実はLINE@(情報配信➕1:1トーク)なんぞもやってます。

 

(LINEアプリ入れてると登録できます。メッセージ来るとじゅんこが嬉しみますので登録してくれてもいいよ。)

 

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 

『公式LINE @じゅんこの知恵袋』はこちら

 

ID:

@ube0629o

(頭の@を忘れないで入れてね。)

 

リンク:

https://line.me/R/ti/p/%40ube0629o

 


f:id:jawjawjezebel:20180210212417j:image

 

全女子必見虎の巻。

おしゃれの話と思いきや、狩りの話さ❗❗❗

 

じゅんこ、大人になってからスポーティーな格好はあんまりしないんだけど、キャップが似合うねって言われたことが過去には何回かありまして、数年に一度買いたくなるのよね。

 

 

わたしが高校生だった遥か昔はナイキのシューズやウィンドブレーカーが流行っとったんです。

 

 

男子の流行りだったけど制服の上からウィンドブレーカー羽織って色を合わせたCAP、短いスカートにルーズソックスとスニーカー。

 

 

「うつむいた時にCAPからはにかんだ口許だけ見えて、八重歯が覗いてて、それがたまらなく可愛かった。」

 

 

と言ってくれた彼は元気だろうか。

 

 

 

 

 

話変わるんだけど、

 

よく「モテファッション」ってあるじゃない?女の子らしいフワフワウフフしたやつ。

 

わたしあれさ、女の子として認識して貰えるだけでガチのモテじゃないと思うのよね。

 

 

本気でモテたかったら

 

《男子が知ってるor欲しがる物を着よう》

 

がじゅんこクオリティー。

 

つか、わざとじゃないんだけどとても効果があるのでご紹介しとく。

 

 

 

男の子から女子の知らないブランドを自慢されてもチンプンカンプンなのと同じように女子服も「似合ってなければ逆に地雷」なのはみんなもうわかってる。

 

 

背が高くても、骨太でも時計、カバン、足回りなどメンズ色の強いアイテムに気を使うと確実に話しかけてくるぜ。

アウトドア系、スポーツ系の女子向けじゃないやつがいいね👍女っぽいのが苦手な女子にもカッコよく決まるはず🙋

女子っぽい子は物とのギャップがまたカワイイ❤

 

 

つか、最近の

 

鉄子とか

歴女とか

ミリオタ女子とか

筋トレ女子とかも

 

 

それ的な臭いを感じるのよね。

実際、同じ趣味の男子とお近づきになれるだろうし。

 

 

 

モテってつまり

《俺のこと分かってくれそう》

が大事だと思うの😃

 

女子もそうじゃん?

 

 

今すぐ彼の趣味や持ち物をリサーチして月始めには向こうから話しかけさせてくださいにゃー❗❗

 

 

 

 

人狩り行こうぜ✨

がんばればれんたいん🙋

 

 

ちなみにじゅんこはメンズ系雑誌のBiginとかオーシャンズが好きよ☀たまにメンノン。買うこともあるけど歯医者とかコーヒー屋さんで見れるよ😃美容院にもあるかも🎵

【分子】

※題名に【 】このカッコがあるときは詩です。

 

 

 

 

 

 

世界の全ては幾つものレイヤーでできている

   

 

私の耳に入るのは

幾つもが重なった音

   

 

私の目に入るのは

幾つもが重なった色

   

 

私の鼻に触れるのは

幾つもが重なった香

   

 

私の心に入るのは

幾つもが重なった物語

   

 

私の愛を呼ぶのは

幾つもの音と

幾つもの色と

幾つもの香と

幾つもの物語が重なった

   

 

ただひとつのあなた

まじかよ《江戸しぐさ》知らないの? なんだいそりゃ?

ヘイ、ベイビー!《江戸しぐさ》って知ってるかい?

江戸時代の商人から始まった最高にクールなマインドのことさ!!

江戸のエブリバディーは士農工商。侍(士)は置いといて農民(農)や職人(工)は違う土地でも生きていける。でも商人だけは江戸を離れたら生きて行けないのさ!!だから助け合い、学び合って客や金、商売を回して行ったのさ!


そこからさらに発展して

システムだけでなく、いかにカッコよく暮らすかの作法が生まれたわけさ!


すれ違う人にも気配りを忘れるな!
クールな身のこなしは見て覚えろ!
空気が読めない奴はお上りさんだから普段に輪をかけて優しくしてやれ!!
知ったかぶりを許すな!
騙されたら自分の無能を恥じろ!
相手を値踏みするな!
でも相手が信用できるか一瞬で見抜け!
全ての人に尊敬を持って接しろ!


・・・それらがついつい『癖』になって出るくらいまで身に染みていてこそ【真の江戸ピープル】なんだぜ!!!
こんなクールなことってあるかよ!!


それもさ、

「口酸っぱく教える」
「ダメな奴を排除する」
「テキストを読み込んで学ぶ」

なんて無粋なことはご法度で、できる大人を真似るだけが習得方法なのさ。
だから文献はろくに残ってないんだ。なぜって?『あたりまえ』だからさ!!
文化ってこういうことを言うんじゃないか?って鳥肌が止まらないぜ!


ベイビーたちに分かりやすく言い換えるならば
江戸しぐさは《紳士道》ってとこかな。


商人が9割をしめた江戸の町でいつしか職人たちにも粋な《しぐさ》が広まって町人中に浸透していったのさ。誰かに言われたり習ったりするモラルやルールじゃない。


「あの人は何で気持ちが良いのか」

「ああ、そういうことか」

「なんてカッコいいんだ!!自分も今度やろう!!」


その全てが、どこまでも【クール】なんだ。

 

 
f:id:jawjawjezebel:20180111220307j:image

 


つづくぜ!!!

 

 

※イルカ模様の鍔。イルカは隠れキリシタンの隠語という説も。