じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

モデルを辞めて

事務所と契約を更新しなかった。前から違和感は感じていたけど踏ん切りがつかなくて。

 

 

ほっとした。

 

 

もう、あのわたしらしくないパステルカラーやヒラヒラスカートを撮影のために買い漁ったり、ニコニコ着て写真に映らなくていい。

仲間より先にわたしに案件が来て目の前で悔し泣きされなくていい。

 

 

ちょっと思ってた世界と違うなっていうのはモデルスクールの時から気付いてた。でも途中で辞めるって言えなかった。何かの肥やしになるはずだって。

 

でも、期待したものは手に入れられなかった。

 

 

楽しかったしどちらかって言えば向いてると思う。数少なかった現場でもカメラマンやスタイリストに気に入られた。でも、一番求めていた『わたしより健康や美容やファッションを分かってる人』もしくは『それらの意識が高い人にわたしの知識をシェアする機会』に出会えなかったんだよ。自分のせいだけど軽く絶望した。

 

 

体はモデルスクールを始める前のが痩せていた。余計なダイエット講座から太り始めた。自己流で健康的に気持ち良く6kg~痩せ続けていたのにその努力を低い知識を以て否定されたのが辛かった。

 

体の歪みや適性、プロの技術を知れたことは財産だし色んな方に出会えたのは嬉しかった。

 

でもしがみつけなかった。飛躍して行く自分を結果許せなかった。わざと足を引っ張るような場所ばかりにアクセスした。

 

 

3年かかってやっと外した思い込みや自己否定を今やすっかり取り戻している。

 

 

結婚15年にして勇気を出しやっと心の繋がりを掴めた夫とも「あなたが思っているだけで上手くいってるはずがない」と余所で叱られて迷い、心を開く事ができなくなり距離ができてしまった。1年たったがまだ戻せない。もう、去年みたいになれる自信がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日に帰りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、帰る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に帰る。

 

 

 

 

微笑合掌