じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

愛の感じ方① ジャッジメント

注:エロい話ではない。

 

 

人を裁く、ということを「ジャッジメント」というのだって。

 

あれは良い

これはだめ

 

ということ。思うこと。

 

 

ん?

 

ん?

 

ん?

 

 

ふつうじゃないの?あたりまえじゃないの?

だってだって世の中ってそうやってできてるし、そうやって習うし

それに司法社会だよね?悪いことしたら捕まるから駄目だよね?

 

は?

 

は?

 

は?

 

 

・・・な方へ。正論。つかそれで間違ってないのだけど。

だけど。。。

 

 

司法と切り離して思考ができると良いのかなあ、生き方や生きやすさの話なのさ。

つまりね、その人とあなたは同じ道を歩んで生きてきていないの。あなたの常識が他の人には非常識になりうるの。それはどしてもそう。世間を味方につけてもだめ。コミュニケーションに世間関係ないから(笑)。

 

でね、

 

何かしちゃったことが「初めて」なのか「たまたま」なのか「理由があって」なのか「習慣としていっつも」なのかは確認しなきゃ分からないの。

 

何かしちゃったことが「他の人の迷惑」になるのか「将来大変」になるのか「自分以外の人にはじぇんじぇん問題ない」のかも確認しなきゃ分からないの。

コミュニケーションに難を感じるのであれば

 

 あなたが何を感じたか と

なぜそう感じたか   と

相手の目的はなにか  と

それを回避する方法  は

 

切り離して考えないと解決しえないの。

そこに善悪を持ってきたら見えなくなるの。

ほしたら究極、相手が目に入れても痛くない最愛の人だったら許せる、知らない人だから許さないとか、(難しいけど)ないの。

 

生理的に嫌とか物凄く好きとかは「自分発信」。

正しい間違ってる、価値があるないは「世間発信」。←主にジャッジメントと言われるのはこっち。

 

正しい枠に入る人ばかりじゃないし、何があるのか分からない世の中、自分が枠から外れることだってある。流行りや時代や事故で突然その枠が形を変えてしまうこともある。ジャッジがきついと人に寄り添えないだけでなく、そういう時に対応できない。

人に対しても自分に対しても。というか相手を見るようにしか自分を見られないから対

なのよね。ダサい服の人が無理!と思ってる人はダサい服着たら外歩けない、みたいな。みんなそんなに見てなくてもwwwwww。

 

 

完全には消せないけどそういう考え方もあるよって話。

 

②につづく。