読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

父とのこと 2

つづきから

 

私には姉のように賢い頭も根性もなく働くなんてきっと出来ない。いつか私にも良い人ができたら、結婚してもらえたら、やっと父に認めて貰えるに違いない。

 

だからこそ、適当な男性たちから言われた『結婚しよう』に極限まですがりついて、いつも気がついたら傷だらけになっていました。

 

男の人はみんな嘘をつく。

男の人はみんな根性なし。

男の人はみんな私を

 

物だと思う。

 

私の誕生日に親友と浮気したDV。海外で起業するから付いてこい就活するなと言って散々こき使って卒業直前に振った挙げ句ちょくちょく関係を迫ったモラハラ

 

信じちゃいけないのは知ってた。でも必要だった。その時の私には稼ぎが無かったから。

 

 

開き直った私は男の人を軽んじるようになりました。二十歳そこそこでしたが私にとって

 

男性=『男みたいな生き物』。

 

もう誰のことも信じない。誰とも結婚しない。

 

 

一方で「こんな私で良ければどうぞ、外身だけですが。」と真剣に私と向かい合おうとする人達を関係しては適当にあしらい、まるで復讐のように傷付けました。

 

そんな中、

妊娠しました。

 

 

OLとして上手く行き始め、やっと一人暮らしが出来そうな矢先でした。

 

自堕する以外の選択肢を持たない私に担当医はエコー写真を見せて言いました。

 

「ほら、ここに居ますよ。」

 

 

 

 

えー。

 

 

 

報告はできるけど私、誰にも上手に相談ができない人で。

 

父なら反対してくれると思って伝えたら、口を聞いてくれなくなってしまって。

 

 

どうしていいか分からず、妊娠がきっかけで1か月後会社も事実上解雇になり、死にたい気持ちで結婚を決めたのに、主人と挨拶する日の父はわざと映画で時間を潰して随分遅くなって帰宅しました。

 

今思えば、

そう、

今思えば、なの。

 

そう。

 

なんで分からなかったのかしらね。初めっから幸せを願われていた事を。父もまたもどかしさを感じていた事を。