読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

覚悟について思うこと

腹は静かに括れ。

御託を並べてる奴ほどいざとなったら腰を引く。

 

若い私は自分より肝の据わった男がいいわ、と思ってたけどいなかったの。

 

3つ年上の主人と18で知り合って5年目、24で結婚。連れ添って14年。仕事を辞めるの辞めないの、妊娠する度に子どもを産むの産まないの、離婚をするだのなんだのとそれは山あり谷ありでした。

 

 

「あなたみたいに器が大きくないんだよ。」

 

 

と言われる度に過去の男性達が透けて見えた。結局、自信を無くさせていたのは私だったのだけど私は人一倍、腹が据わってるみたいで人に対して【同じペースで着いてこいよ】とイライラすることが多かった。

 

だけど、

 

人に言われて

人に語られて

 

その気になるよりも、どんなことでも自分のタイミングで静かに決断してなんぼだなと最近は思う。自分の骨を拾ってくれる人にだけ感づかれるくらいで丁度いい。

 

 

【若い】と【青い】は違う。明日はどっちを選ぼうか。

 

 

今更だけど

早く、もっと、年を取りたい。