じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

妄想意訳シリーズ  米津玄師氏 「馬と鹿」 歌詞解説

妄想意訳シリーズは既存の楽曲を前情報なしに妄想して味わおうというシリーズです。変なこと書いてあったら怒っちゃうようなファンの人は読まないでください。でもリスペクトしてない作品は書けません。すごく好きな曲を好き過ぎるばっかりに書いてます。

 

原曲聴いたら帰ってきてね(コメ欄に歌詞あげてる人がいるから読みながら聞くといいかも)。

 

www.youtube.com

 

 

歌詞:

 

歪んで 傷だらけの春        

麻酔も打たずに歩いた

体の奥底で響く 生き足りないと強く

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味

冷めきれないままの心で

一つ一つ失くした果てに ようやく残ったもの

 

これが愛じゃなければ何と呼ぶのか?

僕は知らなかった

呼べよ花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに

鼻先が触れる呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

 

疲れたその目で何を言う?

傷跡隠して歩いた 

そのくせ影をばら撒いた

気づいてほしかった

 

まだ歩けるか?

噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上

逸(はや)る胸に尋ねる言葉

終わるにはまだ早いだろ

 

誰も悲しまぬように 微笑むことが上手くできなかった

一つただ一つで良い

守れるだけで、 それでよかったのに

あまりにくだらない願いが消えない

誰にも奪えない魂

 

何に例えよう? 君と僕を

踵に残る似た傷を

晴れ間を結えばまだ続く

行こう 花も咲かないうちに

 

これが愛じゃなければ何と呼ぶのか?

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに

花の名前を君じゃなきゃダメだと

鼻先が触れる呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい

あまりにくだらない願いが

消えない 止まない

  

 

ラグビーを題材にした人気ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌で、主人公のイメージとマッチしているそうなのだけど観てないのです。あくまで歌とPVの印象だけで喋るよ。

 

「春になんか嫌なことがあったのかな?麻酔ってどっかケガしたのかな?

花の名前とか良くわかんないけどなんか切なくて、でも負けないぞみたいな感じがしてかっこよいよね。」

 

 からの

----------ここから妄想----------

 

PV、ダンサーが生きてる感じしない。死へのいざない。地下っぽいとこで(三途?)孤独と向き合ったのち米津氏飛び降りて後半の舞台は地獄みたい。それぞれは独立しているのに一緒になると意味が変わってしまう二人を例えて言うならば・・・?

 

 

歪んで 傷だらけの春      ← 飛び降りた

麻酔も打たずに歩いた      ← 肉体と離れてる

体の奥底で響く 生き足りないと強く ← 痛みが生きたいといわんばかりに響く

まだ味わうさ 噛み終えたガムの味  ← もう終わってるけど感じていたい

冷めきれないままの心で      ← 後ろ髪をひかれながら

一つ一つ失くした果てに ようやく残ったもの ← もうこの気持ち意外何も残ってない   

                        (もう失うものは何も無かった)

 

これが愛じゃなければ何と呼ぶのか? ← これ=命を絶つこと

僕は知らなかった          ← (もうやってるから過去形)

呼べよ花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに ← 花=自分 だけを

鼻先が触れる呼吸が止まる      

          ← 悼む「君」が肉体(鼻先)に触れているのを感じて息絶える

痛みは消えないままでいい      ← 覚えていたいからor贖罪のために

 

※ここからは回想と思われる。

 

疲れたその目で何を言う?     ← 虚ろで口数も少ない(自分)

傷跡隠して歩いた         ← 傷跡=リスカor心の傷

そのくせ影をばら撒いた      ← 言わないけど匂わせてはいた

気づいてほしかった        ← 誰かに助けて欲しくて(過去形)

まだ歩けるか?          ← もう動けない

噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 ← 落ちて倒れている

逸(はや)る胸に尋ねる言葉      ← もう逝っちゃおうかな

終わるにはまだ早いだろ

    ← 本当にいいの?と自問or「君」の言葉を聴いてからじゃないと行けない

                (諦めるな的な意味だと「尋ねる」は矛盾する)

 

誰も悲しまぬように 微笑むことが上手くできなかった

                     ←死なずに済むようにできなかった

一つただ一つで良い            ←ただ一つ=「君」のこと 

守れるだけで、 それでよかったのに    ← 「君」が死なないようにできれば

あまりにくだらない願いが消えない    ←先立つことで「君」の特別になりたい

誰にも奪えない魂    ← 自分の命は自分のために使う(人に奪われてたまるか)

 

何に例えよう? 君と僕を        ← 「馬」と「鹿」一緒にいてはいけない  

踵に残る似た傷を           ← 似たような(しんどい)道を歩んできた

晴れ間を結えばまだ続く ← 良い日の記憶を繋いでいたら「君」の人生は続けられる

行こう 花も咲かないうちに      ← 「僕」は夜が明ける前にあの世へ旅立つ 

 

 

 

これが愛じゃなければ何と呼ぶのか?

僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに         ← 恐れる=死別or「僕」のクレイジーさに

花の名前を 君じゃなきゃダメだと←「僕」がいないとだめだと(君に)言って欲しい

鼻先が触れる呼吸が止まる

痛みは消えないままでいい       ← 体が痛くってもいいから

あまりにくだらない願いが  

        ← 命と引き換えに「君」に愛されたい(愛されていたと知りたい)

消えない 止まない ← なお残るこの気持ちだけが僕の全て(生きた意味)

 

 

下線部は違う解釈もできる。リンチされたとこかも知れないし(朝練は朝露だし夜露は穏やかじゃない)、あの世に行こうと焦ってるけどもうちょい暇乞いしようとか、あと一緒に晴れ間を繋いで生きて行こうなのかも知れない。希望を持って解釈することもできるんだけどPVはそうじゃない。ラストの鬼気迫る米津氏の「あまりにくだらない願い」は君に後を追って欲しい、かも知れない。

 

死亡ベースで読むと「自殺の理由を好きな人のためにすり替えちゃったメンヘラ男子」味が出てきちゃうけど悩んだことのある人にはかなり美しく響くと思うのです(当方もその口)。

 

 

あくまで通りすがりのにわかの個人的な妄想なので米津氏のインタビューとかプロ解説とか(あっても)一切読んでないから「ほんとはこうらしいよ」みたいのはなしでオナシャス。