じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

全わたしが土下座

もう、嘘嘘嘘。嘘の総合商社ですな。

 

 

経緯を説明したいけど上手くできない。

 

ここ2週間ほど壮大に臍を曲げ、嫌なことがフラッシュバックしブラックなボックスがオープンインザナイトでした。

 

発端は大腸ポリープ摘出からの生検結果を聞きに言った日。休みを取ると言ってた主人が仕事になったのか声もかけずに早朝家を出てしまい、午後まで連絡がつかなかったこと。

 

で、毎回友達たちが優しいメッセージをくれるから対比でこんにゃろ感が募り喧嘩に発展してしまった。

 

地雷ワードを言われたので1週間ほど完全にコミュニケーションを絶った。というかできなかった。「そのくらいで・・・」を我慢し続けて病んだ経緯があったことも手伝った。

 

 

その間、縁を切り損ねた人からの連絡が入ったり、話を聴いて欲しい友達から逆に愚痴られたり踏んだり蹴ったり。うまく言葉にできなくてまたそこでもモヤモヤが募り。

 

 

あらゆる嫌だったことを頭の中でひっくり返して咀嚼し直してはイライラを持続させた。

 

 

一方で主人や周囲に依存的な自分にも気付いて、今の自分を脱するために何が出来るかを模索していた。

 

 

良い悪いは脇に置いて自分の気持ちを吐き出しながら本や音声やワークの力を借り掘り下げていったら、理不尽な過去に縛られているわたしがいた。

 

「あー、わたしは母や父の胸で泣きじゃくった事がないな。それがしたかったけどさして貰えなかったから我慢し始めたんだな。」

 

と、泣きながら気付き。

 

そんで、自分が思う以上に自分に蓋をしてたことを知る。

 

 

自分を知るためにできるだけ素にしていこうとシンプルを心がけ、服を気にしなくなったら人の服が気にならなくなり、こだわりだと思っていた場所とかも嘘みたいに気にならなくなり、人の目もそんなに気にしなくなり、家族のことが疎ましく無くなり、自分責めが無くなり。

 

どこへ行くにも持っていた大きめのバッグもやめ、財布もやめ、ラフな朝の散歩からそのまま思い付きで渋谷のセミナーに行き、寝たいときに寝たいだけ寝て言いたい事を言ったらヒントになる物と出会い、

 

 

ああ、わたしはとても人を恐れていてそのために作った色々な嘘を纏って頑張って来たのだな、周りには迷惑に思われただろうけど偉いし可愛いな。

 

で、忘れていたけど自己中心なようでやっぱり根底にはいつも確実に『誰かのために』があったなあ、と思い出して。ただ、それがキチンと届くようにうまくデザインできていなかったことが良くなかった。

 

 

繋がれない人が去っていくことを許可できたら『自分自分』と守る必要が無くなってしまった。寂しさはあるけど仕方がない。相手に合わせて繋ぎ止めるエネルギーがあるなら新たな貢献に使うべきだ。

 

 

もっと自覚をもって人の役に立つことをしていきます。それができるわたしだと言うことを恥ずかしいくらい忘れていた。善悪ではなく、今は過去をほじくっても出てこないものを欲しているからもうほじらない。知ってはいたけど過去はほじっても変わらない。

 

 

人の許可なんかいらない。

でも、不快にさせた人ごめんなさい。上手にできないわたしでごめんなさい。これからどう振る舞って行けるか分からないけど傷の浅い内に去ってくれて良いです。わたしと関わらない世界にも幸せはあります。そして「別にまだ見てられるけど」という方々、きっと何かお返しできると思います。引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

微笑合掌