じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

無理してたから病気になった。理由は良く分かってる。

 

頑張りすぎて平気な顔してるから誰も信じてくれないけどコミュニケーションがアホほど苦手です。

 

幼い時からすぐ頭にくるか傷付くかしてしまう。だからマナーやルールを学んで少しでもイラつかれないように怒られないように距離を作るようにと努力してきたけど、逆にそういう知識のない人の「当たり前」な行動、言動がわたしにとってはより失礼で下品なものと感じるようになってしまい、余計にイライラしている。

だから少しずつ手放しているのだけど結果、中途半端なプライドだけが残って持て余してる。

 

相手が意識してないうちに勝手に百発くらい殴られている時もあるけどうまく言えないので我慢するから益々やられる。後から言っても聞いてもらえないから仕方なく離れます。

 

そういうところがコミュ障です。

 

でもこの世の中で生きていきたいからできるかぎり相手を許して愛します。それでもわたしがイライラするような相手にはだいたい分かってもらえないので頑張るほど傷ついてしまいます。

 

ありのままを愛された記憶がない。わたしが注ぐような愛を還してくれる人がいない。

 

そんな気持ちがいつも地下深いところに埋まっています。

 

どうして人の平和を願えないの?

どうして相手を変えたがるの?

どうして自分が望まれて当たり前と思うの?

どうして気を使わせているのに気が付かないの?

どうして干渉して意地悪を言うの?

 

嫌いな人に向けた問いはそのままわたしが思われていることなのかも知れません。

 

悲しい気持ちや苛立ちは人を汚染していきます。そういう人の側にいたり、いなくても考え続けたりすると自分がそうなっていく。

 

だからわたしはこうなっているんだ。

 

逃げなくちゃ

捨てなくちゃ

 

そして

 

丈夫にならなくちゃ。

 

わたしの平穏を脅かすものを跳ね返すためにはそのエネルギーに負けないシールドがいる。

 

体力が無かったらバリアが効かない。抵抗力とウィルスの関係と同じだ。

 

上手くいってないなら全部弱いわたしのせいだ。

 

体を休めること

心を休めること

 

が先なのに

 

それを無視して鍛え始めるからいつも壊れてしまう。

鍛え方を教えてくれる人は沢山いるけど正しい休ませ方を教えてくれる人はあまりいない。

 

メンタルを語る上で親子の関係、家族の関係が大切と言われるのはそれだと思う。利害に関わらず「大丈夫」をチャージしてくれる人がいるかどうか。

 

たぶん、自家発電では限界があるのでしょうね。

 

家族に目に見えた問題があるかどうか、ではなく家族間で無理なく「大丈夫チャージ」ができるかどうか、が大切。

 

まっっっったく

 

出来てない。

出来ようがない。

出来た覚えがない。

 

近頃は父や母に対してわたしが「大丈夫」を渡している。だから少しずつ還してくれるようになった。

主人に対しても渡していたが還りが悪すぎて疲れてしまった。あげた分の10分の1は還ってくる、でもあげ忘れると止む。

 

わたしは圧倒的に「大丈夫」が足りない。

 

たまにこういうこと言うと来るんだけど誰だか良く分からない上から目線の人に(こちらが求めてもない)アドバイスを投げられるのは嫌だし失礼だよ。

あなたに助けてなんて言ってないからね。

 

人が苦手=自分が苦手

コントロールできないものを認知できない

閉塞感

 

解放感

ある程度コントロールできる部分にのみフォーカスする

自分が得意=人が得意

 

と、思っている。

 

ダラダラすることだけが「休む」ではない。

 

食べ過ぎない

消化の良いものを食べる

良く寝る

ゆっくり動く

排出する

 

考え過ぎない

理解できないものはほっておく

頭をからにする

結論を急がない

アウトプットする(←いまここ🙆)

 

フラットになってから少しずつ鍛え直そうと思う。

勝手に何かを感じてくれる人がいたら嬉しい。

 

 

Facebookより