じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

抽象度を上げる

昨日はお友達のシェア会。

自分で看板背負ってビジネスやイベントしてる仲間。変な利害関係はないし、みんな心の勉強もしてるから一緒にいても苦にならない。ビックリするくらい何時間でも喋っていられる貴重な存在。

 

 

各々のやっている活動や生活についての近況やみんなが他で仕入れてきてくれた『より充実するには』的なありがたーいお話を聴いたり。

 

 

具体的には、、、

 

エネルギーを効率良く使うためには

【漏れを無くすんだよ】とか

【抽象度を上げるんだよ】とか。

 

 

 

エネルギー漏れ、というのはやる気や生命力が減る活動(イヤイヤやる仕事、不健康な生活など)をしてしまい、結果電池切れして必要なことが意欲的にできなくなる、ということ。

 

抽象度を上げる、とは達成しうる目標や目的の他に、より大きな命題(人の役に立つ、世の中をより良くするなど)を掲げる、ということ。

 

 

ここで詳しくは説明しない。なぜなら難しいから笑。

 

 

でもね、わたし今までいろんな

 

コンサル

セミナー

コーチン

カウンセリング

 

などを覗いてきて、少しずつ自分のチューニングが分かって来たかのなあ、とお話を聴いて思った。

 

 

『遅かろうがなんだろうがこれがわたしのペースなんじゃい❗』

 

『わーっとるがそれは嫌なんじゃい❗』

 

 

を胸を張って言えないわたしは随分自分から振り回されにいってしまった。

 

自分が『こう❗』と思っても別の選択で誰かが喜んでくれるなら平気で曲げられる。自分になんの得もなくてもそれで誰かの不安が無くなるなら苦しくたって全く構わない。

 

わたしの愛はそういうやつなんです。相手との距離は関係ないんです。でも普通の人はそこまでしないから当たり前のように気付いて貰えないし適当に扱われたりバカにされて死ぬパターンばかり。

 

「なんか知らないけどやってくれる」

「自分も得があると思って来てんだろう」

「元々こういう人なんだ。ラッキー」

 

 

違うんだけど。

全然違うんだけど。

 

 

で、話をしても相手の中に無い価値観は理解されないからわたしは愛を注げば注ぐほど孤独になるし、たぶんそうなりたいから見返りのない人達を懸命に愛そうとしてしまうのね、たぶん。

 

そして循環できずに自分からエネルギーを捨ててしまう。

 

 

よく、誰も見ていない所でする善い行いを【陰徳を積む】と言うのだけど、それはすごく積んでるんじゃないかと思うの。

それを自分自身が信じてあげれてないし褒めてあげれてない。

 

人のために何かしなさい

 

は自分のためが当たり前の人に言う言葉で、人のためばかりになって壊れそうなとこに言われたら『死ね』に近いんだよね。で、わたしはちゃんと死んだから(笑)とっても偉いと思う。

 

 

 

これからは命題を掲げて、きちんと判断しながら人のお役に立とうと思うの。手を差し伸べることで逆にダメにしてしまう人も残念ながらいる。ミイラ取りがミイラになってはいけない。

だってわたしには成さねばならないことがあるから。

 

そう『決める』ところから物語は始まって行くよね。また気持ちを新たに進んで行きたい。

 

ご一緒してくれたお二人。いつもありがとう。嬉しいです。

 


f:id:jawjawjezebel:20180520233836j:image

レモンバーベナハーブティーを頼んだら『じゅんこさん❗インスタ映えですよ❗撮らないと✨』と言われたので撮った。よっ!他人軸! 笑

 

微笑合掌