じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

個性くそくらえ

個性的ってなんだ?

迷子の人へ書いたよ。

 

 

 

ビジネスしてる人や芸能活動してる人にとっていかに『人と被らない』『新規参入』『ブランディング』が大事かは耳にタコができたよね。

 

 

でも

正直その話飽きた。

 

 

もう色々出きってるし

上には上がいるし

みんながみんなそんなにすごいことできない。

 

だいたい具体的にどうしたら自分にフィットする個性が見つかるかなんて、本人次第で誰も教えてあげられない。

 

 

 

そもそも

個性的ってなんだろう。

 

 

 

つか、

どんなに人真似したとこでわたしは誰かに成りきれないし、誰かもわたしに成りきれない。

 

したら、もうそのままで十分個性的なはずだよね。

 

じゃあ、個性的って『分かりやすいかどうか』だけだな。

 

 

 

この人は個性的でこの人は個性的じゃない、ってどんだけその人を知ってて言うんだろう。どうせろくに知らない。

 

自分を個性的じゃない、って思う人は自分をわかってないし、それ以上に他人のことも知らないんじゃないかな。個性的かどうかは『差違』なんだから。

 

 

もっとああしないと生き残れない

もっとこうでないと飽きられる

 

それは場面によってはそうかも知れない

(知らんけど。)

 

でもさ、

自分を殺してしか生き残れない世界ってどれだけの価値があるだろう。

 

自分に飽きる人を追いかけた先でどれだけ豊かになれるだろう。

 

 

焦りや不安から必死になったり、いたずらに自分を甘やかして傍若無人に振る舞うことで能力を発揮できるならすればいいけど、ほとんどの人が違うと思うんだよね。

 

自分が一番活力に溢れて良いパフォーマンスができる状態が、真の『個性的』なんじゃなかろうかとわたしは思うのです。

 

 

 

毎日を丁寧に

体を大切に

好きな気持ちを大切に

嫌いな気持ちも大切に

人目を気にせず

他人の寛容さを許し

気持ちのよさに耳をすませて

 

活きること

 

 

 

ができてたら本人以外にとってはもうたまらなく個性なんだと思うよ。

 

 

逆に

「こんな人と初めてあった❗」

「個性的✨」

って言われると

 

あなた、どれだけ世間を知ってるんですか?

あなたとわたしが違うだけじゃないですか?

と、思ってわたしはちょっぴり不快になる。

 

わたしから見たらあなたに同じ現象が起きると思わないのかな?っていうのもあるけど、人を簡単にカテゴライズしすぎだろ、と。誰がどんな人間でいても自由だしそんなに簡単に『人』を知ることはできないよねぇ。

 

 

だから『個性的』はみんなそうだから『魅力的』って言うのが好きだな。

 

 

うん、それがいい👍

 

 

 

微笑合掌