じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

やりたい《こと》の嘘

やりたいことをやる

の結果はどこなのか

 

 

スタートは

憧れ

使命感

好奇心

不安

劣等感

 

とかいろいろあるけど やりたかったことがやれたんならそこで満足+完了。

 

でもなんかさ、

「やりたいことやった《はず》なのに○○じゃない自分(現実)。」

 

って落ちる⤵⤵ときない?

 

 

 

「憧れてバンド組んだけど楽しくない」

 

「仕事バリバリしてお金もらいたかったから頑張ったけど思ったほど嬉しくない」

 

「やっと好きな人と付き合ってみたけどなんか違う」

 

「書いた絵を見てもらいたくて展示した。誉められたけど嬉しくない」

 

「先生に憧れて念願のお教室に通ってるけど逆に元気なくなる」

 

「美味しいもの食べたくて高い店行ったけど帰り不機嫌」

 

 

それって

 

やりたい《こと》(経験)

じゃなくて

ほしい《もの》(結果)

だったってことだよね。

 

ほしい《もの》を得るためにやらなきゃいけない《こと》をやってみて、もしその《こと》が外れだったら淡々と違う《こと》を試すしかない。

 

なのに

 

「《はず》」(違和感)

 

がでてくる。

なんでだろう?

を、わたしなりに考えてみたよ。

 

 

 もしかしたらそゆときは

 

①《こと》と《もの》が混ざっちゃってる 

 

ほんとは結果が欲しいのに頭の中で整理、言語化してないから自覚できていない。

 

例:本当はバンドがやりたいんじゃなくてキャーキャー言われたい、キャーキャー言われるならぶっちゃけバンドじゃなくてもいい。

 

 

②《こと》=《もの》になってる。

 

これさえやれば○○になれる❗と思い込んでいた(信じきっていた)。

 

 

例:ドラマで見た金持ちはカッコよいし毎日楽しそうだった。カッコよさや毎日楽しい、は金の力じゃない部分も多いなんて想像つかなかったからお金稼ぐことだけに力注いじゃう。

 

 

③自分が条件を満たしていない

 

ほしい《もの》に対してやる《こと》方向性は合ってるのにそこに向ける気持ちや回数が足りない。

 

 

例:先生みたいに素敵なるには魔法なんか無くてそれなりに工夫がいる。先生のマインドや見えない所でやっていることを同じレベルでできないと近づけないし先生自身も日々努力してるって気付けない。

 

 

④自分のせい

 

ほしい《もの》がマインドで、それが分かったら(気持ちの切り替え、コツはいるけど)理論的には2秒で手に入るのに《こと》や他人が何とかしてくれる、何とかしてくれないと困ると言う甘えとおごり。

 

 

例:嬉しい、楽しい気持ちになりたい(つか、してほしい)から美味しいもの食べるけどハナっから「元気になるぞ!」より「満足さしてみなさいよ」って態度。そもそも自分が【確実】にテンション上がるものを自分で分かってないし、機嫌悪くなる時点で依存度が高い。メニュー中々決まらない時も思考はこれ。 

 

 

 

総じて

 

 

《はず》

 

 

が口をついて出るとき

思考が胆略的過ぎる。

そんなすぐに無理よ、って納得できない。せっかちで焦っているからのんびり変わっていきたい《体》を許せない。

 

やりたい《こと》がほんとなら結果はいらない。

後悔したときは《もの》が欲しかったとき。それだけを無条件にプロセス無しで欲しがることに恥じらいがあるから嘘になる。

 

キャーキャーいわれたい

 

カッコよく楽しくなりたい

 

愛し愛されたい

 

ダメ出しがされたい

 

楽して素敵になりたい

 

 

 

いーじゃんそれで。

それが手に入るまで試行錯誤しよう🎵諦めなければ見つかるよね😃きっと

 

手に入れ方も自由だしね。

まずは口に出して言ってみよう。

 

 

わたしは・・・

 

 

 


f:id:jawjawjezebel:20180207112341j:image