じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

前提

人を蔑む癖

自分を優先する癖

抑えるために

 

愛想良く装い

自分の都合を装い

 

していた。

 

 

世界は敵で

わたしは弱かった。

 

 

みんなが強く見えたから、「弱さ」という剣でなら人を斬ってもいいと思っていたかも知れない。

 

暴力っていつもそうよね。

 

「自分はどうしたらいいのかしら?これ以外の方法はないわ❗」って思うは大体前提が間違ってるのね。