じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

愛の感じ方③ 見えない敵は見えない味方

注:だからエロい話じゃないってば。

 

ジャッジメントは人だけじゃないよ。物にもあるよ。

でも物の裏には絶対に人がいるとわたしは思っているよ。

というか、

 

 

『人の重さを軽んじたとこにジャッジが芽生える』

 

 

と思ってる。

 

ニュース番組やワイドショーを見てごちゃごちゃいうのはとても楽しいよね。

 

でも、

 

その話題をチョイスしてるのも

その原稿を書いているのも

その話題の中心にいるのも

『人』なんだよね。

 

他人のプライベートがエンターテインメントになってしまっている。

それでお金をもらっている人がいる。

サスペンスドラマと見まがうほどに。

あれ、リアルなんだよ?

それも多分少し意図的に作られている。

 

あなたがあの人とすり替わったらどう?

そんな日は絶対にこないのかな?

 

 

健康に気を使う人は

 

砂糖は良くない

薬は良くない

牛乳は良くない

輸入品は良くない

農薬はやばい

添加物はやばい

 

って当たり前に知ってるよね。

お勉強してリスクを避けるのはいい。 

他の物を賢く選ぶのもいい。

でもたまにそれらを

 

『悪だ』

『毒だ』

『買うのバカだ』

 

って言っちゃう人がいるよ。

それらを作っているのも『人』だよ?

どんな気持ちでどんな苦労をしてどんな経緯でそのお仕事をしているか見て来たの?聞いてきたの?それを微塵も感じない意見は少し怖くなるの。自分のお父さんがそんな言われても平気?

 

こないだコンビニ行ったの。

添加物だらけのお菓子がダーッと並んでた。大好きなのに食べるのが「悪い事」って思ってる自分がいて、ふと思ったの。

『消費者のみなさんが安全で安価に美味しいものを手にできますように。気に入ってくれますように。』

って思ってお仕事している人は一人もいないのかしら?って。確かめようがないんだからそう思ったってわたしの勝手じゃん?って。

ほしたら、

棚からふわっと温かな風でも吹いてくるみたいに愛を感じたの。

薬品一つ取ったって人の手を介している。触れて無くたって工場の機械を設計したのは人だよね。商品を企画したのは人だよね。だから怖くない。ありがとうございますって思った。体が緩んだ。時代によって選ばれなくなるものはある。でも憎む必要あるのかな?怒る必要あるのかな?

 

もいっこ、

食肉の是非を問う人たちが駅前で運動してた。

確かに人間お肉食べなくても生きていけそうな気がする。でもあの人たちが立っていた歩道橋は土方のお兄ちゃんたちが額に汗して作ったものだと思う。一日パワフルに動くために肉食べたと思う。駅も電車も建物も、そういうお兄ちゃんたちが作ってくれた物の恩恵を受けてる。肉はいるよ、ってわたしは思ってしまった。肉好きだし(うぉいwwww)。飼育環境やとさつ方法は議論があっても良いかも知れないね。だめ?

魚も植物も技術が進んで声のないコミュニケーションがとれるようになったら食べないようにするのかな?極端だけど昔の西洋では女と奴隷は思考がないと言われていたよ。そんなことなかったよね。牛や鳥だけが可哀想、じゃなくなる時がくるかも知れない。なーんにも食べない方法があると良いのに。

 

生産者様のおかげで生かしていただいている。そこにも人がいる。人がいる限り「愛がない」とどうして言えるの?

 

 

説教くさくなりました。

 

 

流通が進んで、通信が進んでどんどん人が見えなくなっている。でも人はいる。

それを感じられると、とたんに体が緩む。

 

愛を感じにくい時は人に厳しくしてるかもしれないね。大事に握っているその手を緩めて手にしているものの温もり、そこに関わっている人に思いを馳せてみるごっこをお試しあれ。そこにいるのはあなたの味方ですじゃ。

 

 

 

おわり