じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

愛の感じ方② 共同体感覚

注:アドラー心理学あんま得意じゃないけど、そんで「そんなんちゃうで」と言われそうだけど他にいい単語を知らんの。

 

共同体感覚ってね「わたしはみんなの中の一人です」って思うことを言うらしいよ。

 

会社が潰れそうだ!

→おれしらね。はやく辞めよ。

→みんなが路頭に迷わないためにできることはなんだ?

的なことだよ(どっちがあるなしかは分かるよね)。

 

でね、

でね、

 

人のために何かすんのってハードル高いじゃん。

つか、ジャッジがあったら無理じゃん。ジャッジがきつい人が共同体感覚風のやつ振りかざすと「コントロール(誘導)」に陥るよね。出来ない人排除したほうがはえーし。

 

そでなくてね、

 

街中や電車の中でイラついたり不安になったりしたら

 

『ここにいるの、みんな知ってる人。』

 

って思ってごらん。

めっちゃ平気よ。

 

服ダサくても(気にしすぎwww)、機嫌悪そうでも、あんま喋ったことない知り合いや同級生の定にしたとたん「別にこの子はそいうんじゃないし」とか「きょうたまたまね」って思えちゃう。ほんで、なんか自分も許される気がして体が緩むの。

 

そういうごっこをしてみると人とつながるレッスンになるみたい。

「怖くない」「敵じゃない」が始まりだものね。いきなり好きですは嘘がある。

なんだ大丈夫じゃん、を感じていれば穏やかになれる。優しくなれる。

で、自分が自分をジャッジして見過ごしてるものに気付ける予感。

 

お試しあれ。

 

③につづく。