じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

①調理ができる

②料理ができる

③食事が作れる

④料理ができない

 

は意味が違う。

 

 

①調理ができる

切ったり、焼いたり、煮たりできる だけ。

 

②料理ができる

必要な材料を買ってきて、カレーやパスタやサラダが作れる だけ。

 

③食事が作れる

食材の準備、栄養や彩りのバランスを考えた『献立』を組むことができる上にそれらを同時進行でタイミング良く調理し、配膳する事が出来る。

 

 

④料理ができない

食べる人の好みに合わせ、ある程度はバランスの良いラインナップで買って来ることができる。基本は茶色いものが多い。

 

 

 

①の人にありがちな「料理ができないわけじゃない」はやらせてみればよく分かる。しょっぱなからキノコは洗うのか、キャベツはどう切るかなどいちいち聞いてくる。主に出来合いの市販ソースを使った味付け。予算は度外視。

 

②の人にありがちな「料理?作れるよ!」は1品しか出てこない(肉を焼いて終わり、味付け卵のみ、など)。もしくはチグハグ、単一な献立(サンドイッチとお味噌汁、唐揚げと鳥肉のサラダなど)。①よりは手際がよく、味も安定しているが出汁と具(魚のつみれには魚の出汁を使わない)、メインとサイド(一方が味噌なら一方は醤油味など)のコントラストが考えられない、というか知らない。もともと主婦でも毎日料理しなくなるとまず献立のセンスがおかしくなる。自分は食べない家族のための食事準備で精神的に疲弊していると3日もあれば簡単に陥る。

③の人は取り立てて料理ができることをアピールしない。特別熱心でなくても、なんだかんだ言って気に入りのレシピ本があったり、無自覚ながらTVや外食で定期的に情報収集している。過去にある程度苦労して習得しており、食事で一番肝心なのは食べる人の満足度だと心得ている。手間ばかりかかってコスパも味も良くないようなメニューは絶対に作らない。出来上がっても美味しくなかったら出さない、くらいの猛者も。

 

 

④の人はやってくれる人がいるか、使命感がない。食べることは好きな場合が多いが市販の味付けに慣れているために繊細な違いに気がつきにくい。手作りが薄味に感じて満足しないことも。基本的に金銭に余裕がある、もしくはコストの計算ができない。出来る人間に劣等感は感じても自分は不器用だから・・・と「単純な技術の差」だけだと思っている節がある。よって無駄な努力はしない。

 (夫が①か④で妻が③の場合、日々の食卓において感謝が薄い傾向がある。

病気して食事療法を取り入れてからありがたみが分かるのでは遅いんだぞ。)

 

 

服飾の世界もそうなのだけど、作らない人は「布」が一番お金がかかると思ってる。それ、面積じゃん。一番は人件費だよ。で、それ言っても縫う人のことしか浮かばない。縫えるだけじゃできないんだよ?

 

スタートはデザイナー

そのあとパターンナー(型紙作る)

そのあとCADオペレーター(サイズ展開、効率の良い裁断配置)

資材発注

裁断

縫製

梱包・運搬・納品

 

下へ行くほど腕のいいカリスマ以外はブラックになりがちな世界。どんな業種もそうでしょう?これ一人で作業できるようになれる?主婦はいろんな場面でそれを突き付けられるよ。子供の世話なんか命に係わる。

 

 

あ、わたし頑張りました自慢だな、これ。ださい。

 

 

 

えーと、、、身近な人がやってくれてること、やってみ。

で、そんなに一人でできなくていいって周りが先に気付け。

んで、できてる人にはスゲーって言え。

 

的なことが言いたい。

 

 

もうねる。

 

 

おわり。