じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

いけない人妻

 ※こないだ冗談でFBで投稿した官能小説(?)をリライトしました。

意外に女性陣にウケたので(笑)リクエストにお応えして。

 

 

・・・・・・・・カップラーメン食べたい。今。

 

深夜、23時をとっくに過ぎていた。

何か不満がある訳ではない。代わり映えはしなくとも今日も充実した一日を過ごした。一日のうちに一日分の家事が終わらないのは毎度のことなのだから潔く諦めて後は床に入ればいいだけ。もう体は弛緩し始めている。

ただ・・・ほんの少しだけ満たされない、フリをしたいだけ。

 

転勤で引っ越して部屋が増えたことをきっかけに夫とは寝室を別にしている。廊下の先からは威勢の良いイビキが響いている。今日は涼しい風が吹いて過ごしやすい。気持ちよさそうね、と微笑する。リビングの隣では子供たちが寝ている。じゅんこが静かに過ごせるのは夜くらいなのだ。

 

こんな夜に寝てしまうのはなんだか勿体ない気がした。どうせ夜が更ければ末の子に夜泣きで起こされるのだから。。。

パソコンに向かってブログを更新しながら逡巡している姿をもう一人の純子が見ている。憂いを帯びた目を伏せて気に入りの椅子にもたれる唇や首筋や二の腕に温かな匂いを纏っていた。小さく柔らかい指先でひじ掛けの先を愛撫する。物欲しげなしぐさをわざとしておいて、バカみたいねと、一人はにかむ。

 

自分の中のもう一人が言う。

(きちんと自分を満たしなよ。)

(そのまま今日は寝てしまうの?)

(もっとあなたの顔を見たいな。)

(昼とは違う顔を。)

 

ぼんやりとした頭でそれを聞いていると、体の奥が鈍く熱を持っていった。

ゆっくりと思考がとろけていく。目の前にありもしないスープの香りを幻覚する。おもむろに立ち上がりキッチンへ向かう。

 

空き箱を利用した食品ストッカーから「それ」を取り出した。なぜそうしているのか自分ではわからない。

じゅんこは迷いながらもゆるりと電気ケトルに水を注ぎ、自らそのボタンに手をかけた。

「カチッ」

ああ・・・いけない! 我に返った。

こんなとこで何をしているのだろう。しかもこんな時間に。ダメダメ、こんな誘惑に負けるなんてわたしらしくない。いつものわたしじゃない。

まだ引き返せる。・・・けれど確実に体は受け入れる時を待っていた。

 

そうだ、アマニ入りのパンがある。あれを軽く焼いて口に含めば紛れるかも知れない。

 

 

こんがり焼けたパンを小さな口に頬張った。 瞬間、無意識に冷蔵庫に手が伸びる。白くふくよかな手にはバジルペーストとバターとスプーンが握られていた。

 

いやだ、わたし何をしているの?これじゃあ、まるで・・・。

 

気持ちとは裏腹にじゅんこはそれらをパンの残りへ塗りたくり、気が付くともう、跡形も無くなっていた。

リビングへ戻るとテーブルの上にはペアのカップと皿が。ついさっき夫と和菓子を食べたばかりなのに・・・。

 

お湯が沸いた。

 

いけないと思えば思うほど囚われるのが人の常というもの。

 

また、もう一人が言う

(本当は飢えているんだよね、心も体も。)

 

眠い、寝たい、でもほんの少しだけ今日は

・・・いけないことをしてみたい。

 

ケトルがしゃくるような口で見つめている。可哀想なことに、気を紛らわすために食べたパンは余計にじゅんこを刺激した。

時計は12時を過ぎた。 さっきのスプーンでバターを舐めると少し落ち着くようだ。もう大丈夫かもしれないとふと、PCの脇に目をやった。影に隠した「それ」と目が合った。

 

 

津軽 帆立貝焼き味噌風》

 

 

ああ・・・見なければ良かったのに。ピンクに塗った短い爪を立てて底のビニールを破く。めくりあげた蓋から覗く麺に熱い湯を注いでしまうのか。。。

 

ごめんなさい、わたし我慢ができない。

 

どんな謝罪も言い訳も納得がいく道理はないのに胸の奥から突き上げるような衝動に成すすべは無い。湯冷めした肌が甘く香る。振り乱した髪はまだほんの少し濡れていた。

 

キッチンからケトルを奪うように持ってきて勢いよく熱いものを注ぎ入れた。

その口から立ち上る湯気に眉を湿らせるじゅんこはすでに恍惚としている。

 

でも、まだ、引き返せる・・・。

それに、ほんの少し、一口だっていい。そう、残してしまえばいい。

 

そう思った次の瞬間。

 

衝撃が脳を貫いた。

 

なんてリアルな味噌と磯の香り!!!!!

 

ああ、もう引き返せないのね。こんな反則はダメよ・・・。

両手で顔を覆いながら首を振り、でも心は3分を待ちわびている。裏腹にすればするほど高ぶって行く。

 

(あなたの顔が見たいな。)

 

恐る恐る上気したカップに手を伸ばした。温かい。胸元へ引き寄せじりじりと蓋をめくる。こぼれたら火傷してしまう。本当は一気に剝がしたいのに・・・。

普段じゅんこが作る野菜ばかりのお味噌汁とは違う香りが、恥ずかしいくらいに辺りに満ちる。子供や主人に気付かれたらどうしよう、なんて言われるのかしら、どんな目で見られるのかしらと、思えば思うほどに興奮した。

 

フォークを浸してスープを飲む。

 

ああ!しびれるほどの旨み!これが帆立なのね!!港町に来たみたい!!

 

もう戻れない。罪の意識も忘れ、美味しさに目を白黒させながら間髪を入れずに麺がのどを伝っていく。シミはあるものの歳のわりにはまだまだ瑞々しいじゅんこの喉がこくりこくりと波打っていた。

 

 

秘密の夜は更けていく。

 

 

 

おわり

 

 

 

そうそう、レッチリ好きはいらっしゃい。

エビチリじゃないってば。

↓↓↓↓↓

LINE @やってます。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

ご近所のファム・ファタル

じゅんこわたなべの公式LINE @

※肌断食や心のことを配信します。

 

ID:@ube0629o

(頭の@を忘れないで入れてね。)

 

https://line.me/R/ti/p/%40ube0629o

 

#運命の女

#歌って踊れる言霊師

#3児の母

#長男は中2

#PTA会長でモデル

#専門は宗教とエグい下ネタ

#人はわたしを魔女と呼ぶ