読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

膜を破ると幕が上がる仕掛け

私が頑張っていることは誰よりも私が良く知っている。

誰にも負けないくらい必死になって走ってきた。

でも、それももう終わる。

 

心の奥底でずっと生きていることを許されたかった。みんなと同じができない。みんなとちがう。みんなと仲良くなれない。子どもの時から子どもが嫌い。なのにちっとも強くなれない自分がほんとは嫌いだった。

 

できないものはできないし、やりたくないことはやりたくない。やる理由のわからないことをやらせられることにウンザリしていたし、今もしている。寄り添ってもらえないから、理由を説明してもらえないからどうやったら「やる理由を見つけられるか」どうやったら「好きになるか」を考えて行動して、それでも追い詰められたら「理由を見つけられないわたしが悪いのだ」と、いつしか我慢して飲み込むようになった。どんなに社会を恨んでも社会に順応しなければ生きては行かれない。

 

これまで、不十分でも「今できる精一杯」をしたつもりだった。私のできる範囲での精一杯。だけどそこに自分が価値を見出せなかった。「これだけやったのだから」という自己満足だけで

 

お金も

社会的評価も

資格も

手元に残るものは何もない。そう思ってる。

 

楽しんでいろんなものにトライしてきたけど、ほんとうは少し違った。どうやったら自分の土俵を出ずに「未婚」や「子なし」に並べるかという劣等感の回避だった。

 

ずっとずっと苦しかった。

子どもの時からずっと。

でも、それが「私」だった。

 

私は自分を傷つけるために生きて来た。

それに気付いた。

そうしなさいと言われて育った。嘘じゃない。

幸せそうな人をみるとざわつく、

「嫌い」や「苦手」を声高に叫ぶ人をみるとざわつく、

結婚の写真を人にみせる人にざわつく、

子どもが欲しいという人にざわつく、

こんなに楽ちんに生きていますという人にざわつく。

 

うらやましいの。

とてもとてもうらやましいの。

 

嬉しい事があったとき、とても感謝して幸せになる。でも、自分が幸せでいることをいまいち許せないから同時に不安になる。

「嫌い」や「苦手」を私が言い始めるとジャッジがきつすぎて確実に人も自分も傷つける。

幸せな結婚の夢が破れて「結婚では幸せにならない」と決めたから幸せな行事と思っている人が気持ち悪い。

子どもが欲しくなかったけど恐くて堕ろせなかった。産むと言ったら1ヶ月で解雇された。働かないと実家には住めない。当時宗教団体に献金していたので一人で産んで一人で育てるためには資金が足りなかった。遅かれ早かれ子どもと心中するか餓死するしかないと思ったから生きるために結婚した。死ぬのが怖かった。

だからせめて、このレールの上で褒められる生き方をしようと思った。以降はそういう選択をしてきた。

でも自分からは逃げられないからこんなにしんどい思いするくらいなら早くに死んじゃえばよかったと頭をよぎることが(ほんとにたまにだけど)いまだにある。

 

全部、全部、思い込み。

そうやって可哀想がっていないと自分を愛せない。

まだだめだ、といじめていないと、

もっとだせ、とえぐっていないと

 

 

悪い事をしているような気になる。

 

 

でも、それももう終わる。

「しなくていい」って分かったから。

 

 

新しい事に向かい始めたからまた勝手にクリーンアップが起きていて、いろいろ掘り下げて向かい合ううちにやっとたどりついたの。

 

 

「好き」だけで生きていいって。

 

 

バカじゃないの、はじめからそうよって思う人もいるんだろうけど言わないでね、泣いちゃうから(笑)。私はね、崖を登らないとここに来れなかったの。

 

 

認めたくないことばかり。

褒めたくないことばかり。

好き勝手やって叱られているのに、またそんなこと言い出すの?と言われそうなことばかり。

 

 

手伝う気が無いならほっておいて。

私は何者でもない。

みんなとおなじでみんなとちがう。

ずっと、ここにいるようでここにいなかった。

 

 

 

 

 

 

 だからね、もう、いいかげん生きることをゆるします。

と、いう自分の為の報告。