読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

武器を捨てよ


f:id:jawjawjezebel:20170408184316j:image

こんなにボロボロになっても治せるわたしすごい。

 

と悦に入っていた。

 

外側の継ぎ目は青に映えるよう漆の朱を活かし、内側のみ金にした。紅茶を淹れると水色で金が漆の色に染まり、飲み進めるごとに金色が覗くという粋な仕掛けになった。

 

 

 

いつだって美的感覚や教養、知識に乏しい人間は自分の理解に及ばない事象を見ては「なにを金にもならぬ、無駄なことを」と嘲笑う。

 

わたしの目の前でより美しく生まれ変わった《彼女》を解らぬ輩などと語らうことは未来永劫出来ぬな、と大袈裟に思って

 

ふと立ち止まる。

 

 

 

この世で出会う出来事に煩うことを避け、愛おしさを選び、それを還元していくためのツールこそが「美」や「教養」では無かっただろうか。わたしはたった今それらを武器に目の前にいもしないどなたかを斬った。こんな野蛮な行為はない。わたしもまた、【輩】であった。武器にするなら持たぬ方がよっぽど美しい。

 

 

「命を祝うため、幸せのために信じている」はずの神の名を掲げ傷つけあうことを、その神は望むのだろうか。悲しみは消えることがなくとも、そこに「悪」を見出さずに思いを馳せることが出来たらきっと苦しみは消える。

 

 

今日は釈迦の誕生日であった。

 

 

 

微笑合掌

 

 

 

 

※文末の「微笑合掌(みしょうがっしょう)」の微笑は仏教用語【拈華微笑(ねんげみしょう)】からいただいています。釈尊とその弟子摩訶迦葉の故事ですが史実に反したエピソードとも言われています。釈尊が弟子たちに無言で花を捻って見せ、その意味を摩訶迦葉だけが解り微笑んだ、というもの。その景色が美しくて、そしてわたしも幼い頃から人達の中で一人だけ解って笑っていることが多いものだから。

 

そっと、勝手に、内緒で解って、微笑んでいます。その時の幸せ。