読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

【ことだまたまてばこ作品】④~⑦

読みにくいから分けてみたよ❗

 

 (言霊玉手箱)とは・・・とにかく早く、即興で詩を描きます。じゅんこならどう応えてくるかしら??そう来る⁉という遊びです。無茶ぶりするもよし、真面目に振ってもよし。

 

  ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

受付番号④

出題者:Kaori Terraさん

テーマ:差別

題:プルートとグーフィーの扱いの違いについて

 

 

お母さんが

教えてくれなかったから

知らなかった

 

「おい、ボール取ってこいよ。」

と先生に言って投げたら

君が行きなさい、と言って笑った

 

「おい、ボール取ってこいよ。」

とお父さんに言って投げたら

始めは笑ってたけど

そのうち黙ってゲンコツされた

 

「おい、ボール取ってこいよ。」

と女の子に言って投げたら

ふくれて もう 帰ってこない

 

「おい、ボール取ってこいよ。」

と友達に言って投げたら

少しだけしょんぼりして持ってきた

 

「おい、ボール取ってこいよ。」

と犬に言って投げたら

喜んで

息を切らしてくわえてきた

 

誰に言ったのかは

【どうしたか】で決まった

だからぼくは呼び方を変えた

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

受付番号⑤

出題者:Haruka Kataokaさん

テーマ:ハロウィンパーティー

 題:ジャックオランタンは風邪で欠席

 

 

轟音

 

初めてだから

何も聞こえない

悟りを開けそうなくらい

鼓動だけ こだまする

 

初めてだから

嫌だって言ったのに、

そんなん違うのに、

言い訳が こだまする

 

君は 聴こえていないのか

はたまた 聴いていないのか

 

先に進んで見えなくなった

 

ラメ と 闇

照る ピンク

青い マント

レザー の 虹

ここでは黒も

 黒でいられない

 

激しさに立ち眩むから

強情は不安に似てるから

 

少しだけ 揺れてみる

 

ダレモワタシヲミテイナイ

ダレモワタシヲミテイナイ

ダレモワタシヲミテイナイ

 

この熱はなんだろう

何かが高ぶり 痛くなる

 

いつも強引で言いなりにされる

君は私とどうなりたいの?

からかってるの?

楽しんでるの?

それとも

 

【私をなめてるの?】

 

向こうから君が見てる

私はワザと 揺れてみる

 

なかば無理矢理に施したメイクは

初めから崩れている

だから人目も気にしない

 

向こうから君が見てる

たぶん私を試してる

 

"なりすましてる"はずなのに

たぶんいつもより 私らしい

 

なんか

 

もう

 

怖くない

 

ふと イタズラをしたくなる

今度は激しく 揺れてみる

 

男の子がお菓子を持って

スマホに打った字を見せた

 "こんばんは サリーちゃん 遊ばない?"

 

その子の尖った耳に向かって

 "ちょうど良かった。

ジャックは今日お休みなの!"

 

私にお菓子をくれないからね

 

 

 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

受付番号⑥

出題者:平尾裕さん

テーマ:元暴走族のアンパンマン

題:恋愛

 

「昔からお父さんは貧乏で

学校に行っても島には仕事もないから

みんなグレてて歯なんかボロボロで

 

一番強い不良は

一番バカな不良で

一番しょうもない大人になるって

 

全員が思ってたの

 

でも近所のオヤジさんが凄く良い人で

自分も苦労してたから

かわいがって食べさせてくれて

お父さん、もう息子みたいになっちゃって

それで店を継いだのね。

 

潰したときはあんたにも親にも

いっぱい迷惑かけたけど

お母さんは楽しかったの

ずっとずっと、楽しかったのよ

 

自分と似たような子達

お金もないのに食べさせて

 

『いいんだ、いいんだ』って

『腹ふくれたら収まるんだよ』って

 

お父さん怖かったけど

結婚してから一度も殴らなかった

 

凄いことなのよ、

バイクも売っちゃったし

 

だから、恨まないであげて

こんなに早く逝っちゃうなんてね。」

 

「お母さん、今は幸せなの?」

 

「うん、幸せ。良くしてもらってるから。」

 

隣で【新しい顔】が微笑んだ。

 

恋は続く

 

 ~~~~~~~~~~~

平尾さんからおまけの続編:

 

何十年ぶりかに

アイツを連れて帰省した。

 

早朝、まだ薄暗い中

実家に戻る前に白浜へ行った。

 

朝日を背にして、海ガメが

産卵している。

 

ふと

アイツに意識を向けると

瞳からスーと光るものが流れていた。

 

実家に帰って

母に言った第一声は

「うちなんちゅうの歯科技術は凄いっさー」

だった!

 

母は意味もなく

なんくるないさー」

とだけつぶやいた…

 

 

 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

受付番号⑦

出題者:柏木江里子さん

テーマ:恋愛

題:藤原竜也

 

僕は一重だし

まだ一年なのに制服はパツパツだ

 

このままいけば

世界的な有名人に

才能を見出されることもないし

 

最後の一人を競って

殺し合いができるほど強くもない

 

何にも思い通りにならない

大学ノートしか持ってないし

 

世の中の全員を

目だけで操る能力もなければ

 

一世一代のギャンブルで

勝ってみせるような引きもないんだよ

 

だから

 

言わないよ

 

だから

 

言えないよ

 

君が大好きなその一人に

なりたいなんてことは