読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅんこイズム ~詩とか怪文書~

私の隙間に住み着いたあれやこれやを綴ります。好いてくれたらうれしいですが嫌ってくれても良いのです。

先日、母との会話から

母は障害者手帳を持っているし、人工透析をしています。生まれつき体も弱いし生死をさ迷うような事故も経験しています。

でもいつもパワフルで走り回っているから誰も信じない。

 

つい最近、身近な方を二人、共に膵臓癌で無くしました。一人は母よりも若く、持病も無かったようです。母はショックを受けていました。

 

どんなに病気でも嫌なことばかりでも『お役目』の終わってない人はあちらへ呼ばれない(自死は別)。

 

あの人の生まれた意味は、亡くなった意味はなんだったのだろうと苦しむ必要はなくて。それを考えるのが残った人の『課題』。

   

 

生きている幸せや課題から目を背けるために故人を利用してはいけません。今あるものを見つめて味わってください。それはこの先何を得ても、失っても重要なことです。

 

魂のお役目が終わったのだから、死は悲しいことではありません。ただ、会えなくなることが悲しいのです。私達の知り合いは皆、急に引っ越したり忙しくて「最近会っていないだけ」(笑)。記憶の中で今日も笑っています。と母に伝えました。